18 柔軟性

柔軟性には、二つの面が有る。

一つは、静的柔軟性。一つは、動的柔軟性。

静的柔軟性とはヨーガやストレッチの様にその場で行う柔軟さ。

動的柔軟性とは動作の中で表現される柔らかさである。

太極拳に必要なのは動的柔軟性である。もちろん静的柔軟性も備わっていた方が良いが、それは二次的な要素である。

この様な事が何故言えるのかを述べよう。

私はこれまでに何人かの静的柔軟性の非常に優れた人達を指導してきた。柔軟性が有るのだから当然太極拳も柔らかく動作を行えると思うのだが、意外と動作が硬いのである。もちろん個人差はある。

私は想う。静的柔軟性と動的柔軟性は別物である

では、どの様にして太極拳の動的柔軟性が身につけるか?

それは段階的に練習を積んで一つ一つの動作を身に付けて行くしかない。

もう一つ言える事は纒絲勁を理解する事である。

静的柔軟性を養う事も必要である。特に怪我予防の為には。

重道